新しくできたカフェ偵察

本日、理学研究科合同C棟のカフェ エスパース ウベールのプレオープンでした。
念願のカフェがまもなくオープンということで、どんな感じなのかお邪魔してきました。

p1.jpg
入口
p2.jpg
食券を買うようです。メニューはこんな感じ。

11日(木)にオープンなので、一度行ってみてはいかがでしょう。

スポンサーサイト

萩野先生のスーツ姿

9月29日(水)に平成25年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰の表彰式が片平の本部棟3階第二会議で行われました。理学研究科からは化学専攻の上田先生と物理学専攻の萩野先生、ニュートリノ科学研究センターの白井先生が表彰されました。
※詳細は理学研究科の受賞ニュースをご覧ください。
記念の楯を萩野先生が見せに立ち寄ってくださいましたので、記念の写真を撮らせていただきました。
素核の先生のスーツ姿ってめずらしいので貴重です。しゅっとしてステキですね。

hagino140929.jpg



きのこ、育ちすぎ

地学棟の裏にある駐車場の土手は、暗くてじめじめしているせいか、きのこがたくさん。それも、不気味なほど大きいのです。DSC_2778.jpg

DSC_2783.jpg

【学校訪問】秋田県立横手高等学校のみなさん

 8月1日(金)、秋田県立横手高等学校1、2年生のみなさんが物理学専攻表面物理研究室を見学しました。
 午前中は須藤彰三先生による講義、午後は技術職員の芳賀さんの説明のもと、金属薄膜を作製する「真空蒸着法」について学んだり、大学院生の松下さんの案内で実験室を見学しました。
 はじめてみる実験装置の数々に、みんな興味津々でした。

IMG_5940.jpg
これから行う実験について説明する芳賀さん。

IMG_5984.jpg
真空蒸着槽:真空中で、金属原子を蒸発させて、基板に金属の薄い膜を作製する装置。

IMG_5987.jpg
金属薄膜の電気抵抗を測定しています。薄膜の厚さによって違いがあったようです。

IMG_5964.jpg
表面物理研究室の実験室を案内する松下さん。

IMG_5973.jpg
大気中だと原子がぶつかってしまい金属の薄膜が汚れてしまいます。そのため装置の中は真空になっているんだそうです。


 

オープンキャンパス

今、オープンキャンパスの記事を作成中です。4人で分担して写真撮影したので、結構な量になります。その写真の中にちょっとイイ写真を見つけたので、紹介。

DSC_2322.jpg

学内関係者しかわからないと思いますが、オープンキャンパス担当部署である学部教務係長と教務委員長がオープンキャンパスの出足などについてお話し中だと思われます。

井上邦雄先生のサイエンスカフェ「小さな粒子ニュートリノに秘められた大きな宇宙の謎を解く鍵」

8月22日(金)、せんだいメディアテークにてニュートリノ科学研究センター 井上邦雄教授のサイエンスカフェ「小さな粒子ニュートリノに秘められた大きな宇宙の謎を解く鍵」が開催されました。

「ニュートリノ」を説明するためには標準理論にふれなければなりませんが、その難しい説明を高校生にも理解できるようにお話ししてくださいました。また、カムランド禅での研究についてもご紹介くださいました。
良い質問をした参加者には、ファシリテーターの方が着用しているカムランド禅Tシャツがプレゼントされました。

DSC_0493-001.jpg
↑井上先生
DSC_0613.jpg
↑東北大学にゆかりのある素粒子の研究者の系譜
DSC_0608.jpg
↑ニュートリノ科学研究センタータッチパネル
DSC_0601.jpg
↑ディスカッションタイム
DSC_0606.jpg
↑満員で用意した資料が足りなくなってしまいました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。